2021.01.28

ABCマート、第3四半期のEC売上192億円 デジタル化率は17%超に急伸長

ECサイト「ABC-MARTオンラインストア」

エービーシー・マート(ABCマート)の2020年3―11月期(第3四半期)における国内EC売上高は、約192億円となり、前年同期と比べて約64億円増加した。
 
国内売上高の全体に占めるデジタル化率(ネット販売含む)は、第3四半期末で17.2%となり、前年同期に比べ8.4ポイント上昇した。
 
第3四半期は、消費増税前の駆け込み需要の反動があったほか、コロナの影響で、全体の売り上げは前年同期の約2割落ち込んだが、「オンライン売上は3割強の伸長となり、11月のブラックフライデーの販売が好調だった」としている。
 
21年以降の戦略については、「業界トップの力を見せる時だと判断している。シューズだけでなく、スポーツアパレルやファッション・トレンド商品も取り扱っていく。好調なEC売上をリアル店舗に還元できるよう、融合できる環境も創造していく」としている。


「ABC-MARTオンラインストア」
https://www.abc-mart.net/shop/

RECOMMEND合わせて読みたい

RELATED関連する記事