2021.06.29

単品通販(D2C)で引上率を【最大6.1倍】上げるCRMテクニック~専用フォローメールから専用ランディングページに誘導

こんにちは。私、売れるネット広告社 代表取締役社長 CEO 加藤公一レオが執筆するこの連載では、ネットマーケティングに関するキレイゴトは一切語らず、ズバリ「どうやったらネットで商品を売れるか、どうやったらネット通販(D2C)で売り上げと利益を上げられるか」に特化して、実践的なノウハウだけをお伝えしていきたい。

第6回となる今回は、単品通販(D2C)においてきわめて重要な『引き上げ』のテクニックについてお伝えする。

ズバリ、メルマガは最悪のゴミ施策だ。メルマガから本サイト(ショップ)に誘導するのをやめて、“○○発想”に切り替えるだけで、『引上率』『クロスセル率』は【最大6.1倍】上がる!

 

■単品通販(D2C)は『引上』と『クロスセル』がカギ




単品通販(D2C)で売り上げと利益を上げて大成功するためには、次の三つのステップを繰り返し行うことが重要である。


1.広告で多くの見込客を効率よく集めること(=高いレスポンス)

2.その見込客の多くを、本商品の定期コース(サブスク)に申込みしてくれる固定客にすること(=高い『引き上げ』)

3.その固定客の多くを、他の商品も申込みしてくれる優良客にすること(=高い『クロスセル』)

 
なかでも重要なのが、『引き上げ』と『クロスセル』だ。なぜかと言うと、単品通販(D2C)は、初回申込みをきっかけとして、ひとりのお客さまにより長く・多く買ってもらうことで中長期的に売り上げと利益を上げるビジネスモデルだからである。

レスポンスはあくまでもきっかけであって、『引き上げ』と『クロスセル』こそが、単品通販(D2C)ビジネス成功のカギを握っているのだ。

にもかかわらず、世の中の単品通販(D2C)会社は、レスポンスを獲得するためのネット広告は必死でやっているのに、一番大事な『引き上げ』と『クロスセル』をないがしろにしている。


■“ゴミ”みたいなメルマガは今すぐやめろ




世の中の多くの単品通販(D2C)会社は、広告でかろうじて獲得したお客さまに、ワンパターンで宣伝臭いメルマガをしつこく送り続け、本サイト(ショップ)への誘導を繰り返している…。ところが、今どきメルマガの開封率はわずか10%以下。これでは永遠に振り向いてもらえないストーカーと同じである。

ぶっちゃけ、メルマガは最悪のゴミ施策だ!!

多くの通販(D2C)会社は、いまだにあらゆる商品を羅列した宣伝くさいメルマガを送り続けているが、開封率はたったの10%以下。今どきのお客様は誰もメルマガは読まないのである。

そもそも誰もメルマガなんか読みたくないし、メルマガから何度も本サイト(ショップ)に誘導してもメッセージ性が同じだから、誰も商品申込みなんかしない。こんな施策では、『引上率』も『クロスセル率』も上がらないのが当たり前である。



ズバリ、『引上率』や『クロスセル率』を上げたかったら一斉配信のメルマガなんか今すぐやめよう!!

RECOMMEND合わせて読みたい

RELATED関連する記事