2021.05.01

【ECソリューションマップ2021「越境EC編」<カオスマップ付>】市場活性受け、新サービスも登場


コロナ禍でインバウンド需要が消滅する中、越境EC市場は盛り上がりを見せている。国際スピード郵便(EMS)に加え、国際宅配便(クーリエ)のサービスが拡充したことも、越境ECの活性化に一役買っている。他にも越境EC市場の盛り上がりを受け、新たな支援サービスが登場したり、既存サービスが大幅に強化されたりしている。越境ECや海外進出に必要なサービスを、「日本ネット経済新聞」とEC業界のウェブメディア「eコマースコンバージョンラボ(eccLab)」が共同でマップにまとめた。注目サービスは詳細に紹介している。自社で活用できそうなサービスの選定に役立ててほしい。



 【越境ECカオスマップ】 



 【注目7サービスを紹介】 

BEENOS、越境ECをワンストップで 「Buyee Connect」も好評


記事は▶▶https://netkeizai.com/articles/detail/3640


eBay Japan、越境EC取引が拡大 出品者の支援体制を拡充


記事は▶▶https://netkeizai.com/articles/detail/3666


スターフィールド、「LaunchCart」は実績トップ級 台湾に加え中国向けも強化


記事は▶▶https://netkeizai.com/articles/detail/3667


unbot、中国の短尺動画アプリ「douyin」出店を支援 ユーザー6億人の巨大メディアで越境EC


記事は▶▶https://netkeizai.com/articles/detail/3681


ENJOY JAPAN、月額5万円で市場分析も 中国進出を総合サポート


記事は▶▶https://netkeizai.com/articles/detail/3629


<フューチャー 小柳みゆ社長に聞く>中国越境ECを一貫支援


記事は▶▶https://netkeizai.com/articles/detail/3628

RECOMMEND合わせて読みたい

RELATED関連する記事

RANKING人気記事