2020.11.30

【「Nint」に聞く】 1000社が導入したEC事業加速する「情報の宝箱」とは?

Nintの吉野順子社長(左)と西尾宗哲氏


EC市場のデータ分析を手がけるNint(ニント)ではこのほど、同社が提供する、ECモールのデータ分析サービス「Nint ECommerce(ニント イーコマース)」の導入社数が1000社に到達した。Nintのデータ分析サービスは、大手メーカーから、中小のネットショップまで幅広い企業が利用する、まさに情報の宝箱だ。Nintの吉野順子社長と、事業責任者の西尾宗哲氏に、Nintのサービスを導入するメリットについて聞いた。



――「Nint ECommerce」はどんなサービスですか?

西尾:Nintは、楽天市場・アマゾン・ヤフーショッピングの三つのモールについて、ジャンル別の販売推計のデータを蓄積しています。「Nint ECommerce」を使うと、ECモールで、「ある商品が、いつからいつまで、いくらで販売されて、どれくらい売れていたのか」などを調べることができます。「ECモールのどの商品が、どの広告枠に出稿され、結果その期間でどのくらいの販売につながったか」を確認することもできます。ECモールで、どんな店舗がどんな検索キーワードを広告出稿しているのかを調査する機能もあります。

吉野:当社のデータを使うと、例えば、去年の年末商戦は楽天市場でどんなものが売れたかを確認することもできます。これから年末のECの販売戦略を立てようという企業に、大きなヒントにしてもらっています。


Nint ECommerce キャンペーンはこちら

RECOMMEND合わせて読みたい

RELATED関連する記事

RANKING人気記事